ホーム審美歯科 > ラミネートべニア

ラミネートべニア

人工歯を貼り付けて白い歯に

歯の表面をごくわずかだけ削り、 そこに歯の色をした薄い人工歯を貼り付ける治療方法です。
「歯が変色したのが気になる」「歯と歯の間に少し隙間がある」「形の悪い歯を治したい」などのご要望にお応えできます。ホワイトニングしただけではどうしても、時間の経過と共に歯の色はまた変色しますが、ラミネートベニアの場合には、長く白いままでいることもできます。
治療回数も少なくてすみ、麻酔が不要で痛みもありません。

ただし大きな虫歯がある場合など歯の表面に接着しにくいときは使えません。また、歯ぎしりやかみしめ癖のある人では割れる可能性が高くなります。メリットとデメリットをご理解していただいた上で、お気軽にご相談ください。