ホーム審美歯科 > 詰め物

詰め物

奥歯の虫歯を削った後は、通常、金属の詰め物をして処置されてきましたが、その詰め物がインレーと言われるものです。
もし虫歯が大きく、削った部分が多ければクラウンとなりますが、そこまでではない場合はインレーで対応されることが多くありました。

インレーに関してもクラウンと同様に、素材は幅広く、金属からプラスチック、セラミックがあり、セラミックだけでも数種類あります。強度が高いのは金属ですが、笑った時に奥歯で光って目立ってしまうなど、見た目がいまいちというデメリットがあります。また詰めた後に虫歯ができやすいという点もあります。
一方、セラミックの場合にはほぼ詰め物をしているとは気づかれず、自然な印象を与え、とくに若い女性の方には好まれています。また、
最近では保険治療で使用できる白い詰め物の物性も良くなってきております。

そこで、当医院では小さい範囲の虫歯はできるだけ保険の白い詰め物(コンポジットレジン充填)で治療を行っています。
また、水銀の詰め物をされている方は内部で虫歯になっていることが多く見られるため、審美的な材料に詰め替えたり、虫歯が大きくなっている場合にはセラミックなどの丈夫なほかの素材に変更したいという場合にも対応します。